〜セラピストに必要な整体の『理』を公開 山崎真吾からの挑戦状〜

整体の『理』


整体業界の
『新たなスタンダード』を一緒に創りませんか?

整体の『理』をバイブルとして活用されるセラピストが、今後の整体業界を担っていくことでしょう。


「人間の身体の全体を観ましょう」

と立派な言葉だけが先走っている業界ですが、一体、どこの誰が人間の身体の全体を観て整体施術を行っているのでしょうか!?


解剖学の専門書、生理学の専門書、免疫の専門書、、、

各々の専門家の立場から見た身体で、果たして人間全体としての身体を観ることができるのでしょうか!?



例えば、あなたが接骨院に勤めていたとします。

街中を歩いていると、接骨院や整骨院の看板が目につくでしょう。

すると、「あ〜、街中にはこんなに接骨院が多いんだな」と気付かれるかもしれません。
しかし、マッサージ屋、整体院、飲食店、喫茶店などには、目が行かないと思うんですね。

つまり、専門家は専門的な視点は見えるけど、街中全体に目を配ることはできないのです。

専門家から見た街中は、接骨院や整体院の多い街だという認識ですが、実際にはマッサージ屋、整体院、飲食店、喫茶店も適度に溢れている街であり、接骨院や整骨院が多いという認識は間違っているかもしれないのです。



セラピストの仕事は、
クライアントの身体が健康体になるよう導くこと。

専門的な視点、部分的な視点ではなく、人間の身体全体を見なければならないのです。



「心と身体の関係性」

なんてカッコイイ言葉を使う人も増えてきましたが、それが人間の身体にどれほどの影響を及ぼしているのか、セラピストに分かりやすく説明している人を見たことがあるでしょうか!?

整体の『理』の資料は全55ページに及びますが、心と身体の関係性とは何かを紐解き、心が身体に及ぶ影響を分かりやすくお伝えしています。

フワッとした言葉で誤魔化すのではなく、なるべく親しみやすく身近な言葉で説明しているので、セラピストにとって『心と身体の関係性』という言葉が初めて身近に感じることができる資料になることでしょう。



□ 腰痛なら、腰の骨が歪んでいる、だから整体しましょう。
□ ストレスが溜まっているから、リラクゼーションが必要です。
□ 運動不足だから、筋トレ、ストレッチ、ヨガをしましょう。

パーソナルトレーナーが、このようなアドバイスを送っているのであれば仕方がありませんが、国家資格を取得している治療家、整体院を開業している個人事業主までもが、中二みたく幼稚なアドバイスを送っている現状には耐えられません。



僕は自分自身の身体が本当にキツかった。

片頭痛で20年間苦しみ、
ヘルニアでは10年間苦しみました。

整形外科でも働いていましたが、良くなるどころか、自身の症状は悪化の一途を辿ってしまったのです。



趣味が身体の勉強だとしても、週5日の運動を行なっても、整形外科で働いても、自分自身の苦痛から解放されることはありませんでした。

もう、自分自身で痛みから解放される手段を発見するしかなかったので、一切の健康情報という常識を捨て去り、自分自身の身体が改善されるよう、『波動水』なんて怪しげな水を探しに行ったりもしました。

ガチガチの左脳系だった僕が、『波動水』とか『心と身体の関係』などと言うと、「山崎が怪しいことを言い出した」なんて周りから言われたものです。

それでも、自身の苦痛から解放されたかったので、見えない答えを探し続けたのです。



ガチガチの左脳系というのは、健康運動指導士の試験で1000名中10位以内に入ったとか、2000年から2010年までNSCAのパーソナルトレーナーという資格を持っていた、ということで説明がつくかどうかは分かりませんが、

とにかく僕はガチガチの左脳系で、頭を働かせて自身の問題を解決しようと試みるタイプだったのです。



それでは、改善できないことを悟り、

・5日間で126万円の整体スクールに参加し、
・潜在意識研究の第一人者から3年間学び、
・世界最高峰の武道の達人から3年間学びました。

ガチガチの左脳系から、右脳優位な人間へと変化。

身体の痛みで悩み続けていた僕は、ようやく自身の身体の苦痛から解放され、今やプロスポーツ選手に『動きの見本を提示できるような身体』を獲得できたのです。



視点が変われば、
クライアントから喜ばれるセラピストになれます。

専門的な視点だけでなく、『全人格的全体運動体』としての視点への変化。

そんな視点を身に付けて、対症療法でなく、子どもの頃のような健康体を取り戻すためのキッカケを、あなたがクライアントに提供してあげてください。



●整体の『理』ご感想

 
理学療法士 T.Sさま

現在の治療において狭い視野での評価・治療に陥りがちで治療にいきづまりを感じている私にとって新たな指標を与えてくれるものでした。

実際の臨床においても当てはまることが多く、驚かされることが多いです。

またその視野は単なる治療技術や知識に留まらずコミュニケーションの重要性にも気づかせてもらえ沢山の課題を得ることができました。セラピストとしても人としても成長できると感じております。

本当に感謝しております!ありがとうございました。

 
仙台市 F.Mさま

セラピストではありませんが、日頃身体のどこかしら痛みをもっている人(お客になりうる人)が読んでもこんな視点で身体に向き合っておられるということにびっくりなさるのではないでしょうか。

ここまで考えて施術しているセラピストさんはそうそういません。

また、施術を受ける側も、施術されれば治るという意識から自分から治していこうという意識を持つことが大事なように感じました。

それからセラピスト・整体師さんでしたらお客さんの身体をみる時のみかたが大きく変わる内容だと思います。

一生懸命やってらっしゃるセラピストさんは多いと思いますが、その一生懸命さの視点を山崎さんの視点に重ね合わせてみると、今までとは違うふうにみることができ、接し方も変わってくるように思います。

この理論が広く伝わってお客さんに愛されるセラピスト・整体師が多くなるようなるといいですね。

 
理学療法士 木村昌靖さま

今まで、それぞれの項目を一つ一つ勉強しても、実際と繋げることが難しいので、なかなか頭に入ってきませんでした。

これを読んで、機能として、働きとして書かれていることが非常に興味深く、全てが繋がっているので、全体としてどうみたらいいのか、局所をどう繋げていくかがわかり、もっと機能的に、もっと広い視点で身体を見ないといけないと痛感しました。

改めて身体の事をもっと広く深く知りたいと思えました。
身体の事で悩んでいる人を少しでもわかる事ができるきっかけを貰えました。

ありがとうございました。

 
ひきたに接骨院 院長 魚住昌史さま

読み進めているうちに治療をしていて常に疑問に感じていたことが解消されていくような気がしました。

ただ、人の身体を診るのにこんなにもいろんな視点から診ないと本当に人の身体をよくするのが無理だなんて思いもしませんでした。

でも、こういういろんな視点から視ることが出来れば私が目指している治療ができるのではないかと希望が湧いてきました。

体のことだけじゃなくいろんなことを勉強して患者さんに役立てたいと思います。
ありがとうございました。


 
私の救世主さま

整体の『理』は、今の私に、絶対必要です!!

ヨガ教室を始めて7年、始めてすぐの頃は、ヨガのポーズやその効果、ヨガの教材を熟読すれば、知識は高められ問題は解決出来ると思っていましたが、ヨガ教室に来る方の目的はポーズでは無く、一時的な気持ち良さでもありません。

身体の様々な痛みや悩みを解決する為いらっしゃってます。

そんな悩みを解決するには、本当の理由や、原因を知らなければ、対応出来ないし・・・

もし改善出来ても何故!?が分からなければ、また症状を繰り返すだけです。

そんな悩みがいっぱいのヨガインストラクターにとって救世主になってくれそうな整体の『理』をこれから繰り返し読んで、問題を解決していきます。

 
 
パーソナルトレーナー 伊野波盛陽さま

正直、これを読むだけでレベルアップする・・・いや、次元そのものが変わってしまうのでは、と思わせるほど、一字一句、見落とす事のできない内容でした。

人の身体を扱う仕事をしている人にとって、偏った視点からしか人を観れていないというのは、怖いことだし、無責任だと思っています。

この資料に書かれてあるような、様々な視点から俯瞰して人を観る事ができなければ本当にクライアントにとって役立つ存在にはなり得ません。

自己満足ではなく、本当に役立つ存在になるべく、何度も読み返してこの「整体の『理』」を身体に染み込ませたいです。

 
古賀美幸さま

慌てて読みましたが、予想していたよりも
すんなり入ってきました。

苦手な部分は、勿論、頭が痛くなりましたが(笑)
個別セラピスト・和身塾とやってきて、自然とその教えは、自分の中に入っているものなのですね。

やってきた事ではありますが、思い返しながら読む事も出来れば、あれ?という新しい発見もありました。

活字になるとちょっと違うんですかね。

また、ちょっと経って読むと、さらに違うかも知れませんね。

 
ダンス・ボディメイクインストラクター 内山彩乃さま

感想を一言で表すと『ずっとこんなの欲しかった!』

難しい内容も山崎さんの言葉で噛み砕いて表現されており、例え話なども入っているので、とても解りやすく読めました。

大切なエッセンスがぎゅっと詰まっているし、いつでも読み返すことができるので、とても嬉しい1冊です。

何度も、何度も読み込み、自分の知恵にしていきます。

 
介護士 F.Tさま

面白い!

身体の使い方と、それによる身体機能への影響。その関係性に非常に興味が湧いた。

今後、知識と体の動き、双方に注目し学んでいこうと思う。
整体師だけでなく、どんな職業でも、必ず役に立つ内容だ!

 
東京都 A.Sさま

整体の『理』を読ませていただきました。

身体の壮大さを感じました。

何故、施術を受けたのに、また崩れた身体になってしまうのかの理由が解かれてあり、しっくりしました。

一般の整体は、目の前の状態に対処しているからであり、根本の原因に対処していないからと知りました。

このような知識を紐解き、組立てるのには相当な時間とお金をかけられたのでは無いでしょうか。

もし、「整体の『理』を一般公開するなら営業妨害だ」と声を上げる整体師がいるならば、
私は声を大にして言います。

「この整体師はニセモノです!」って。

お金だけに心が奪われてしまった人には、絶対に読んで欲しくない大切なことが書いてありました。

本当にありがとうございました。

 
大阪府 S.Uさま

この人は心と身体をつなぐ人だ。

今までまだ誰も成しえていない事を本気でやってしまうかもしれない。
しかもひょうひょうと。

この文書のレベルに追いつくには相応の努力が必要、でもセラピストとして、いや人としてより楽しく生きていく為のエッセンスが詰まってます。

道に迷ったらいつでもココに戻って考え直そう、そんな大切な内容が詰まってました。

 
パーソナルトレーナーさま

「こんな内容無料でいいのか!?」というのが最初の感想です。

でも、「山崎さんならやりそうだな」という感じもします。

セラピスト養成講座で、学んだことの復習にもなりました。

今自分のやっていることが本当にお客様の為になっているのか。
改めて考えることができました。

まだまだ内容は理解できてませんが、今後も、
人の身体の本質を山崎さんから教えて頂き、自分でも探求していきます。

ありがとうございました。



整体の『理』がセラピストのバイブルとなる

治療家の人、セラピストの人たち、一般の人たちの『バイブル』となる資料だということがお分かりいただけたと思います。

この資料には、セラピストに必要な知を書いていますが、僕の知識なんてものは、専門家に比べると鼻クソ程度でしょう。

しかし、多くの人が僕の話を聞きたがってくれるのは、「その知識をどう活かすか?」が、自身の人生にも生きてくるからです。

神経、ホルモン、免疫、ストレス、バランス、、、

こうした言葉を、クライアントの人生が豊かになるにはという視点で捉える視点を持っているから、役に立つ言葉を提供できるのだと思います。



この資料は、生徒さんのみに提供する予定でしたが、一般公開することにしました。

その理由は、多くの人に誤解を解いてもらいたいからです。



人の身体なんて、何をすれば改善されるかなんて分かりません。

骨をいじってたら楽になることもあるし、ならないこともある。
筋膜をいじってたら楽になることもあるし、ならないこともある。
カウンセリングだけで楽になることもあるし、ならないこともある。



楽にならないのであれば、楽になる方法を、
1万通りほど試せる視野の広さが必要なのです。


その基本となる整体の『理』を、今回特別にお伝え致します。



価格は、30000円です。

なんてことは言いません。



それだと、多くの人に知ってもらうことができないし、苦しみから解放されない人がそのままになるからです。

ですから、今回は特別価格で提供することになりました。







↓↓↓

0円 です(笑)


ダウンロードをして、じっくり読んでいただき、腑に落ちたことをクライアントさんに還元してあげてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



山崎 真吾



整体の『理』はこちらからご登録ください。

整体の『理』登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス